デフアートの交響曲(ストーリー)


「手話排除」が、もたらした数々の差別が
   心は傷つき、涙は流れ……


心の悲鳴が、切なく胸に鳴り響く。

  しかし、この胸にたぎる
     「希望」が
    教えてくれる……

ろう者として、また1人の人間として
      自分が……

 

 自分が自分であるために……

     僕は立ち上がる。

 揺るぎない「希望」のもとに……

    勇気ある一歩を踏み出して……

             僕は走る。

 全ては手話のために。

           たとえ道なき道だとしても僕は走り続ける。

何よりも大切な手話だから……

 なくしちゃないけない……
 消しちゃいけないんだ。

手話の誇りを証明するために……

       僕はここにいる。

    青白い光の中に……

        心の翼を広げて……

               誇り高く生きたい。


●同じ色調が繰り返して、それらの絵を並べることによってある響きが、こだまし、ひとつの交響曲     (ストーリー)になる。